エクステリアをきれいに保つコツ《アルミ製品》

住宅のカーポート・ガーデンルーム・フェンス・スクリーンなど、住宅では使用されることが多いアルミ製品。

耐候性.耐食性に優れ、軽量で加工性もよく施工性もよいため様々な場所で多く使用されています。

 

アルミ製品

 

■アルミ製品の特性

カーポート、ガーデンルーム、ポストなどは、基本的に雨が降り込む可能性があることを認識しましょう。

アルミはスチールに比べて錆に強く、維持費のかからない優れた素材です(雨に含まれる酸などによって、アルミやステンレスも錆や腐食が発生します)。

しかし、表面に付着した汚れを長年放置していると腐食の原因になることもあります。

年1~2回程度の水洗いとか乾拭きをすることで、アルミのもつ光沢を保つことができます。

特に汚れのひどい海岸地帯や工業地帯などでは、状況に応じて回数を増やしましょう(薬品焼けや日焼けは基本的に落ちません)。

 

■アルミ製品のメンテナンス

●汚れが軽い場合

水でぬらした布で拭いてから、乾拭きします。

●汚れがひどい場合

中性洗剤を薄め液で汚れを落としてから、洗剤が残らないように水洗いします。その後、乾拭きしましょう。

●汚れがひど<錆が出ている場合

中性洗剤をつけたナイロンタワシや目の細かいやすりでこすって、汚れや錆を取ります。

その後、水洗いしてから、乾拭きします。

●基本的にお手入れにはやわらかい布やスポンジを用い、金属性のブラシや金ヘラは傷が付きますので、使用はさけてください。

 

エスティナでは、1点ずつオーダーメイドのプランを、主に手書きの図面で提案いたします。

外構やお庭づくりに関することなら何でもお気軽にお問合わせ下さい。

http://www.estina-style.com/contact/

四季を感じる洗練されたスタイリッシュなお庭

日本庭園などの日本古来のテイストを、現代風にアレンジしたジャパネスクな空間づくり。

今回ご紹介するのは、スタイリッシュと和みを融合した和モダンテイストのお庭です。

C Documents and Settings Administrator デスクトップ 30-45 02 IMG_2463

乱形石と自然石、砂利を絶妙なバランスで組み合わせることで、厳かな中にもリズミカルな印象を与えます。

行灯の明かりが上質な和空間を演出してくれます。

 

C Documents and Settings Administrator デスクトップ 30-45 02 JPN_004

砂利のレンガの組み合わせも、モダンな鉢と組み合わせることで、現代的な雰囲気作りに役立っています。

 

C Documents and Settings Administrator デスクトップ 30-45 02 JPN_002

以前、門灯として使われていた照明を再利用し、落ち着いた庭園灯をつくりました。

 

7

出来る限り既存樹を残して移植をし、敷石やレンガ、そして鉢・瓶なども並べ直して新しいお庭のアクセントにしています。

 

エスティナでは、女性だけのデザイナーチームでプランニングし、一点ものの手書き図面でご提案します。

エクステリア、お庭、外構のお問い合わせをお待ちしております。

http://www.estina-style.com/contact/

エクステリアをきれいに保つコツ《ジョリパット塗り壁の汚れ対策》

外構を永く、美しく保つためには、完成後のお手入れやメンテナンスがとても大切です。

今回は《ジョリパット塗り壁の汚れ対策》についてお伝えします。

塗り壁 (1)

 

■ジョリパットの特性

ジョリパットは、耐火性や防火性など安全性が高い塗装材料としてよく使用される外壁塗装です。

色落ちが少ない顔料で防藻・防カビ材が入ったものを使用しています。

施工後は経年変化が生じ、使用環境によって程度や耐久性は異なります。

標準耐久年数は11~12年とされており、影響を及ぼすものとして、温度・湿度・紫外線・大気汚染などが挙げられます。

経年変化による汚れや色あせ、または家の雰囲気を変えたい時には壁面を塗り替えて対応が可能です。

塗り壁×植栽

 

■ジョリパット仕上げ
豊富な色彩と、クシ目調、しっくい調、割肌調、ランダム調など自由自在のパターンで壁面を豊かな表情で彩ることができます。

年々品質は向上していますが、経年変化による汚れが生じます。

汚れをつきにくくするためには、表面を仕上げた後、専用のコーテイング剤を塗布する方法もあります。

好みによりますが、汚れ自体は経年による「味」にもなりますので、あまり神経質にならないことも大切かもしれません。

 

塗り壁×ウッド調フェンス×花台

 

■ジョリパットのメンテナンス
ジョリパットが汚れた時は、中性洗剤を使ってナイロンブラシなどで洗い、壁面に洗浄剤が残らないように水で洗い流します。

洗剤選びで注意していただきたいのが、洗剤の成分です。

強・弱酸、強・弱アルカリ性の洗浄剤は、塗膜を変色させる可能性があるので、絶対に使用しないでください。

また、藻類が表面に付着した際には、ジョリパット専用の洗浄剤で洗った後、壁面に洗浄剤が残らないよう、よく水で洗い流してください。

セメント、塗料による汚れは一度付着してしまうと、完全に除去することは不可能です。簡易的に除去する方法としては、皮スキ、ヤスリなどで削り落としてください。

 

エスティナでは、お客様のご希望やお好み、使い易さを考えて、オーダーメイドでお庭や外構のデザインをいたします。

お庭や外構、エクステリアでのお悩みはご相談は、どうぞお気軽にお問合せください。

 http://www.estina-style.com/contact/