【タイル・レンガ・自然石】商品特性やメンテナンスのポイント

こんにちは。

エクステリアで使用される商材の中で、

今回は「タイル」「レンガ」「自然石」の商品特性やメンテナンスについてご紹介いたします。

 

■タイル

玄関ポーチやアプローチ、テラス空間などで使用されるもののひとつにタイルがあります。

エクステリアで主に使用されるタイルは磁器質タイルと呼ばれるタイルです。

その他に、陶器質のもの、コンクリート二次製品などもあります。

選ぶときのポイントとしては、

意匠性の他に、屋外壁・屋外床用の種類を選ぶこと。

屋外用タイルは剥離防止や滑り防止などの機能を強化しています。

ただし、水濡れによる滑りなどにはご注意ください。

また、変化の程度や耐久性は使用環境によって異なりますが、

色あせや色ムラなど経年変化が生じやすい商品もあります。

なお、同じ品番の商品でも、ロットや製造時期によって多少の色の違いがあります。

 

■レンガ

レンガは種類やサイズが豊富な材料で、住宅のアプローチや外壁、門柱など

様々な場所で使われます。

時間とともに変化していく表情を楽しめる商品でもあり、

対候性や耐火性にも優れています。

素朴な風合いを基調とするため、同じ商品でも形や表情、

色ムラ、シワ、ザラつき、角落ちなどの特徴があります。

また、経年変化が生じる商品でもあります。

寒冷地で使用する場合、商品によっては凍害による割れや剥がれ、ヒビが入る場合がありますのでご注意ください。

 

■自然石

自然石にも様々な商品があります。

キューブ型や乱形割肌の自然石などが住宅では多く使用されます。

人工では創り出すことができない表情が自然石ならではです。

主にアプローチやテラスまわりなどで使用することが多いですが、

天然石特有の色幅や厚み、大きさにバラつきがあります。

また、石肌にはデコボコもあり、組成成分上、錆が出る場合があります。

経年変化が生じる商品でもあります。

 

■「タイル」「レンガ」「自然石」のメンテナンス

石材系の「タイル」「レンガ」「自然石」は汚れの種類に応じてメンテナンスをします。

 

1.表面に付着した汚れは洗い落とす

タイルや石貼りなどの表面に、土や砂、油やコケが付着した汚れについては、デッキブラシで擦りながら水洗いしてください。
油などの水では落ちにくいものについては、トイレ用洗剤を少量使って洗い落としてみてください。粘度があり、泡立ちも比較的少ないため使いやすいです。
なかなか落ちない場合には高圧洗浄機も効果的です。

 

2.内部まで染み込んだ汚れは重曹と酢で落とす

水洗いしても落ちない汚れは、中まで染み込んでしまっている可能性があります。ガーデン、エクステリアに使われるタイルやレンガ、石材には小さな穴が開いているものが多く、そこに汚れが入ってしますと、水だけでは落ちにくいです。
こういった手ごわい汚れは、アルカリ性の重曹と、酸性の酢を組み合わせて落とします。
まずは重曹をスポンジやブラシにつけて少量の水とともに汚れを擦ります。水で洗い流したら、次に2~3倍程度に希釈した酢を噴霧し、再度擦ります。
こうすることで、酸性・アルカリ性どちらの汚れも落とせます。また、重曹の白いアルカリ成分の残りも綺麗にすることができます。
なお、重曹はアルミ製品には使えませんのでご注意ください(黒く変色します)。

 

3.磨耗や経年によるくすみはプロに相談する

磨耗や経年による、部材の表面の光沢がなくなったものについては、ご家庭でのメンテナンスで復活させることが難しいケースが多いです。
風合いの変化と割り切って、時間の流れを味わうのもお庭の楽しみ方の一つだと思います。
どうしてもお引渡し直後のコンディションに戻したいようでしたら、専門の業者にご相談しての再度の塗装や研磨、貼り直しをご検討ください。

 

人気のタイルデッキやタイルテラスは、白などの淡い色のタイルを使うことも多いので、
汚れの原因や種類に応じて、適切に清掃することで美しく使いたいですね。

また、アプローチなどの人が良く歩く場所も汚れやすいです。
玄関周りは目に付く箇所でもあるので、綺麗に保っていただけましたら幸いです。

 

新築やリガーデンなどお庭に関するご相談・お問合せはお気軽にどうぞ。
https://www.estina-style.com/contact/

【ウッド製品・木材製品】商品特性やメンテナンスのポイント

こんにちは。

自然素材を取り入れたお庭づくりをご希望される方の中には、
デッキや目隠し壁、ポールなどにウッド製品・木材製品を使用される方も多いかと思います。

木材を屋外で使用すると、どうしても退色や腐食、カビの発生といったことは起こりますが、
正しい知識に基づいてこまめな手入れを行えば長持ちさせることもできますし、
経年変化により自然な雰囲気のお庭を楽しむこともできます。

今回はデッキ材などでよく使用される人気の
【ウッド製品・木材製品】のメンテナンスについてご紹介いたします。

【Point:1】 ハードウッドとソフトウッド

ウッドには、硬質で比重が高いハードウッドと、それ以外のソフトウッドがあります。
それぞれの吸水率が異なることなどから、お手入れの方法が違ってきますので、
まずはお手元にあるウッド製品が、ハードウッドでできているのか、
ソフトウッドによるものなのかをご確認ください。

<ハードウッド>

イペ・ウリン・セランガンバツ・イタウバ・アマゾンジャラ等

<ソフトウッド>

杉・赤松・ヒノキ・SPF(2×4材)・レッドシダー・サイプレス等

いずれも自然素材のため、時間が経つにつれて色や形状が変化することがあります。

含水率の減少や気温の変化による「割れ」「ひび」「そり」、紫外線による「色あせ」など、
構造上には影響はありませんが、自然素材の経年変化の特徴のひとつです。

ただし、木材から出た樹液や色素等が雨で流れ、コンクリートや外壁などを汚す点はご注意ください。

【Point:2】 ハードウッドのお手入れ

高密度で水が染み込みにくいハードウッドは、腐食に強いです。
また油分を多く含んでいたり、防虫成分を含有しているものもあったりと、
そもそも強いものですが、紫外線に晒されることで、白く退色していきます。

お好みの色を保つために塗装します。
ただ、ハードウッドは水が染み込みづらい特性があるので、
塗料もまた簡単には染み込んでくれません。
雑巾に塗料を含ませ、擦るように塗布してください。
また塗料をはじいてしまう場合は、二度三度と重ね塗りします。

また、ハードウッドはひび割れが生じます。
細かなものはあまり気にする必要もありませんが、
大きなものはウッドの耐久性を損なうので防水パテなどで補修した後に塗装することをおすすめします。

【Point:3】 ソフトウッドのお手入れ

ソフトウッドは吸水性に富むため、水が原因での腐食が起こりがちです。
天然木によるデッキなどは、定期的に塗装することでその劣化を極力防ぎたいです。

塗装する際には、木材保護塗料(ステイン)を用いてください。
保護塗料は木材の組織に深く浸透し、腐朽菌やカビ、シロアリなどから木材を守ることができます。
ペンキで塗ると表面が皮膜で覆われるので、木材が呼吸することを妨げてしまいヒビや割れの原因となるためご注意ください。

また、保護塗料を塗布したウッドでも、雨風や紫外線にさらされるうちに保護効果が落ちてきます。
定期的(年1回程度)に塗り替えを行うことでウッドの劣化や腐食を防ぐことができます。
ウッドの色味やコンディションを見ながらメンテナンス期間を調整しましょう。

【Point:4】 ウッド材共通のお手入れ

泥汚れは放置しないで、水で洗い流すか拭き取ること。
時間が経過すると染み込んでしまい落ちなくなります。

釘やビスで穴が開いている箇所はそこから水が入り腐食しやすいです。
コーキングを施したり、その箇所の塗装を丁寧に行うことで、腐食を防止しましょう。

人工物では出せない味わいを持つウッド木材製品。
4つのポイントを踏まえて、長く美しく、庭のある暮らしを楽しんでいただけたら幸いです。

新築やリガーデンなどお庭に関するご相談・お問合せはお気軽にどうぞ。
https://www.estina-style.com/contact/

【コンクリート】主な仕上げ方法や特性、メンテンスのご紹介

こんにちは。

駐車場やアプローチ、建物の犬走りなどの他、
造成工事などの擁壁などでも多く施工されるコンクリート。

水やセメント、砂、砂利を混合し凝固させたコンクリートは、
表面の仕上げ方法によりさまざまな表情を楽しむことができる人造石で、
耐震性・耐火性・遮音性・耐熱性・耐久性に優れ、耐用年数は約100年と言われています。

今回は、コンクリートの主な仕上げ方法や特性、メンテンスについてご紹介いたします。

■コンクリートの主な仕上げ方法

・刷毛引き仕上げ

コンクリートの表面を金コテで押さえた後、表面の乾燥や締まり具合をみて、
一定方向に刷毛で撫でて、刷毛の模様をつけて仕上げる工法。
勾配のある駐車場土間コンクリートの仕上げとしてはポピュラーな仕上げで、
刷毛の目が滑り止めにもなります。

・コテ仕上げ

コンクリートの表面を金コテで平らに仕上げる工法で、
比較的傾斜の少ない部分に使用することが多い施工方法です。
施工時期や乾燥度合いにより、多少の色ムラが発生する場合もあります。

・洗い出し仕上げ

コンクリートが完全に硬化しない時点で表面を洗い流して
コンクリート内の骨材(砂や砂利)が表面に出るように仕上げる工法です。
使用する骨材は地域の特性などにより異なり、表面の色味や表情を楽しめるため、
アプローチや駐車場のアクセントとして使用されています。
経年変化とともに表面の骨材が外れたり表面の骨材が目立つようになる場合もあります。

・スタンプコンクリート仕上げ

スタンプのようにコンクリート床面に型押しする事により、
自然石やレンガ・タイル模様などの風合いを表現する工法です。

・打ち放しコンクリート

木材などで組み立てられた型枠にコンクリートを流し込み、
固まったコンクリート面に手を加えず、
型枠を外した直後のむき出しのままの状態の仕上げのことをいいます。

・力ラーコンクリート

カラーコンクリートは生コンクリートに顔料を直接練り込むことにより、
表面にツヤが出たり、風雨や海水によって色あせることのないコンクリートのことです。
通常のコンクリート表面に比べ、優れた強度を持ち摩耗の少なく、
無毒・無臭で不燃材料のため、コンクリートと同じ程度の耐熱性も備えています。
また、表面がとても堅く綿密に仕上がるので、強い衝撃にも耐えることができます。

コンクリートの打設時にカラーコンクリートを散布・施工するのではがれる心配もありません。
表面の仕上げ剤がコンクリートを保護するため、水や油のしみ込みはコンクリートの半分以下です(油のしみ後は残ります)。
カラーコンクリートに影響を与えるものには、温度・湿度・紫外線・大気汚染などがあります。

 

■コンクリートの特性

・ひび割れ(クラック)について

コンクリートは気温・湿度の変化などによって、絶え間なく伸縮を繰り返しています。
それによって引き起こされる現象が髪の毛のように細いひび割れの「クラック」です。
これを極力抑えるために、一定の範囲で目地を設けていますが、
それでもクラックが入ることはありますが、強度上の問題はありません。

・白華(はっか)現象について

レンガやコンクリートの表面に白い粉がふいたようになる白華現象。
これは水酸化カルシウム等が白く固まったもので、
コンクリート(セメント)を用いる以上必ず発生する日常的な現象に過ぎません。

とはいえ、見た目には気になるものでもありますので、
対策を知っておくと良いと思います。

軽いものについては、ブラシで擦って水洗いしてください。
程度が重たいものについては、酸性の洗剤を用いて中和して落とします。
例えばトイレ用のサンポールを10倍程度に希釈して白華に噴霧、
10分程度経過したら大量の水で洗い流します。
必ず大量の水で洗い流し、後に酸が残らないようにご注意ください。
また、植栽が近くにある場合は、粉末のクエン酸を水に溶いたものや酢を使う方が安心です。

 

■コンクリートのメンテナンス

・油の除去

床に落ちたオイル・グリースなどは長期間放置せず、すぐに拭き取りましょう。

・ゴミ・ホコリの除去

ホコリや砂をモップなどで取り除き、その後、水洗いや水拭きをします。

・コケの除去

熱湯をかけてブラシでこすり、洗い流してください。

 

以上、

仕上がりももちろんですが、経過による問題点とその対策について、
経験豊富な専門家のアドバイスを受けることもおすすめします。

 

エスティナでは、1点ずつオーダーメイドのプランを、主に手書きの図面で提案いたします。
外構やお庭づくりに関することなら何でもお気軽にお問合わせ下さい。
https://www.estina-style.com/contact/